テンション
2006年をむかえ、仕事が始まり、2週間が過ぎようとしている。
どうしても仕事はじめはあいさつやら会議やら多くてぐーーんなりしてくる。

ある大手日系家電メーカーの社長様から勉強になるお話をいただいた。
クリエイティブなテンションとエモーショナルなテンションで働く絶対的な違いがビジネスへの
成功を裏付けているという。
クリエイティブなテンションとは、「どういうことをしたい、あーゆーことをしたい、何がしたい何をするべきか」など目標・目的に向かってひたすら考え、進むことができる人間。
エモーショナルなテンションとは、「これをしなければ怒られる、やばい、どうしよう」などと常に
後ろ向きな仕事に追われている人材。
ちなみにクリエイティブなテンションで働いている人は、時間やプライベートも捨てそこに全ての精力をつぎこむとのこと。

話変わって、パソコン業界は前者のような人材が多く、そして志ある人材があのビジネスを作ってきたという。だからというか笑い話で、家庭問題を抱えるひとがあの業界は多いとの事。

どこまでのテンションで仕事をするか。これは難しい。
最近ふとそんなことを思う。
でもそう思えるようになったことは、オーストラリアで働いたからかもしれない。
そしてこの気づきはとてもよいことだと思う。e0076708_1922342.jpg
[PR]
by mosmania_balmoral | 2006-01-27 19:23