「今、会いに行きます」
もしかして、ちょっと古い・・・?

焼肉を食べて胃が燃えたせいか、土曜の夜、思いっきり泣きたい映画を見たくなった。
ハードな一週を癒すためには、もちろん母国日本のコテコテ映画を探した。

数ヶ月前、「半落ち」で号泣しただけに、今回も久しぶりの日本映画。はずすわけにはいかない。

そこで選んだのが、「今、会いに行きます」

いやぁーーー泣いたね。そういう展開!単純な奇跡じゃないね。物語が二重三重に深くなってるじゃない。うーーん、この純粋な頃の両想い。いいねぇーーー

でもなんで泣くポイントは、親が子を思い、子が親を思うシーンが随所にあるからかも・・・
親じゃないときにみてたら、普通の映画かなぁ
そう思うと、俺も親になって、思考とか考え方とかいろいろと変わったのかもしれない。

良いほうにかわってればいいのだけれども・・・

ちなみに妻の友達が小学館で働くだんなさまをお持ちである。
去年あったときに、タイ帰りのその真っ黒な顔から放たれた第一声は
「今あい、しってるぅーーー??去年はあれでボーナスでたわよぉーー」
である。
涙を誘い、ボーナスまで出す。本の威力はすごい

オーストラリア・シドニーから日本の奥深さを涙とともに感じた夜だった。
[PR]
by mosmania_balmoral | 2006-03-26 21:13